« あわわわわ | Main | 特に進展せず »

August 06, 2004

第2外国語の価値

俺は中国語選択だった。よく「最近はドイツ語なんて使うことはない。ビジネスなどを考えると中国語や韓国語の方がこれから役立つ」とか言われるが、中国語が読みたい!あるいは読めてよかった!というような場面って今のところおめにかかってないなぁ。父親宛の中国語spamを読んで何を売りたいのかわかったくらいか。

むしろドイツ語(Buroの論文)とかフランス語(Nikon新製品のリーク情報サイト)の方が読みたいと思う。まあこの辺は単語の雰囲気が英語と似ている場合もあるので、字面を追っていくとそれなりにわかったりもするが……。

もうまったく既知の言語・文字とかけ離れたものを学ぶのもおもしろいな。3学期には韓国朝鮮語をとってみた。(結局不可ったが) ハングル文字を一応読めるようになったはずであるが…忘れてしまったな。アラビア語なんかもやってみればよかったかも。あのミミズのような字を読めたり書けたりしたら感動モノだ。ミミズといえばタイ語もすごいっぽい。タイ語は字の形成が非常に複雑なのでコンピュータ上で表しにくいとかいう話を聞いたことがあるな。

|

« あわわわわ | Main | 特に進展せず »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第2外国語の価値:

« あわわわわ | Main | 特に進展せず »