« ケース交換 | Main | 冬休みも終わり »

January 09, 2005

ATOK year

今年はATOKの年である。

俺は昔からATOKユーザーで、PC-9801ではATOK7、その後WindowsマシンでもATOKを使ってきた。最近はMS-IMEも能力的に遜色ないというか、むしろ勝っている部分もありそうだが、細かな"手触り"というのだろうか、微妙な差異が気になってATOKをやめられないでいる。

ATOKはほぼ1年に1回バージョンアップされる。毎回買うのはさすがにばからしいし金が勿体ない。ということで高校生だった頃決めた方針が「2回に1回の割合でバージョンアップする」ということ。1つ飛ばせばそれなりに変化が体感できてシアワセになれそうということである。

これまで
・ATOK12+一太郎9(1998年)
・ATOK14+一太郎11(2001年)
・ATOK16+一太郎13(2003年)
と買ってきており、今年は一太郎2005+ATOK2005を買う年である。一太郎もセットで買っているのは、ATOK単体と一太郎キャンパスキットの値段が変わらなかったり、ATOK単体の発売が一太郎とのセットよりも後だったりするためだ。ワープロには普段OpenOffice.orgのWriterを使っている。

さらに今年はATOK for Linuxの発売といううれしいイベントもあり、これも買わないといけない。

ところでATOKといえば「CPU使用率100%の高負荷下において事実上変換不能なほど重くなる」という有名?な問題があるのだが、どうやらこれは設定で回避できるらしい。プロパティ(環境設定-Ctrl+F12)を開いて[入力補助-特殊]の[入力中の表示を高速化する]のチェックを切ればよいとのこと。ATOK16で試してみたところ、確かに高負荷時にも問題なく入力できるようになった。「表示を高速化する」をoffにしたからといって表示が遅くなるわけでもなく、ぜひ切っておくべきであると思われる。

|

« ケース交換 | Main | 冬休みも終わり »

Comments

具体的にATOKってなにがいいのん?
わざわざ10K近く出して買うだけの何かがあるのか?

Posted by: panter | January 09, 2005 at 10:05 PM

信者に「あのメーカーのどこがいい?」って聞いてもそれは無意味な問いかけってもんですよ。つまりお布施。Linux版に関してはfreeで入手できるものとの性能差は歴然だから実用的にも意味はあると思うけどね。

Posted by: fujita.h | January 09, 2005 at 10:08 PM

すごい納得した。

Posted by: panter | January 09, 2005 at 11:29 PM

おぉ、すごい。たった今もCPUが100%でぐるぐる回っているが、日本語入力できるじゃないか! すごいって言うか、これくらいデフォルトにしてくれよ。

Posted by: unno | January 10, 2005 at 02:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39126/2521398

Listed below are links to weblogs that reference ATOK year:

« ケース交換 | Main | 冬休みも終わり »