« ATOK for Linux導入 | Main | バグ、バグ、バグ…… »

January 25, 2005

D&E

C++の設計と進化を購入。想像していたのよりもかなり分厚くて読み応えがありそうな本だ。

冒頭にStroustrup先生書き下ろしの寄稿「2005年のC++」があり、これを読むだけでも買う価値はありそう。この特別寄稿は

  • 「私たちは今どこにいるのか 2005」
  • 「私たちはどこにいたのか 1995-2004」
  • 「私たちはどこに向かうのか 2005-2014」

の3本立てなのだが、はじめの「私たちは今どこにいるのか」を読んだ時点で「残りの2つは本書の内容を読み終えてから読むことを勧める」とのことだったので、後の楽しみに取っておくことにして、まずは本文を読み進めていくことにする。

|

« ATOK for Linux導入 | Main | バグ、バグ、バグ…… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference D&E:

» 続・テスト前 [hirosumi/]
知能システム論の日本語資料として”ISBN:4320028783:title”を生協で探していたところ、ちょっと前にfujita.hが話してた、”ISBN:47... [Read More]

Tracked on February 08, 2005 07:02 AM

« ATOK for Linux導入 | Main | バグ、バグ、バグ…… »