« February 2005 | Main | April 2005 »

March 30, 2005

海外逃亡

さて、今からしばらく旅に出ます。4/2に帰還の予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2005

コンパイラ係と言語処理系論

サークルの追い出しコンパで久々の飲み。連続系の課題が全然できてなくてそれどころじゃない気もするが、ぱーっと飲んだら何となくやらなくても大丈夫な気がしてくるから不思議なものだ(違)。

ISの先輩と語る。その人は去年シミュレータ係だったのだが、「コンパイラ係もおもしろそうだと思ったが、言語処理系論が可だったので諦めた」のだそうだ。うーむ、俺も可だったな。というか、言語処理系論の試験終わった直後は「あ、コンパイラ係は無理だ」と思った覚えがある。まあそんなんでもコンパイラは書けるもんですね、と。

liveness analysisとか演算強度削減とか、もううんざりするほど手で解析したしコードにも落としたし、今受けたら優取れる…とは思うけど、LR(1)だけはやはりできない気が。あんなもんできなくてもyaccにまかせとけばいいのだが、院試までには手でできるようにしとかないとやばそうである。

「4年の夏学期は3年夏に比べれば暇で暇でしょうがない」ということだったのでちょっと期待してみる。演習3、どこ行こうかねぇ…。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 24, 2005

スカイマークへの挑戦

人間、ふとしたことで埋もれていた欲求が頭をもたげてくることがある。俺の場合は飛行機ヲタとしての血がそれにあたる。

このblogを見る限りそんなことに気づく人はだれもいないと思うのだが、俺の真の姿は飛行機ヲタであり、電脳漬けに見えるこの生活も、「飛行機→フライトシミュレータ→パソコン→プログラミング」というtreeの中の1つの枝でしかない。rootに位置するのは「飛行機」なのである。ちなみにカメラも「飛行機→飛行機撮影→カメラ」とくる。2003年4月以来空港に撮影に行ってないのはヒミツ。

さて、飛行機ヲタである限りは飛行機に乗らなければいけない。中学・高校時代は金もなく、両親の実家もすぐ近くといった条件も重なってその夢はほとんどかなわなかったが、大学生になってからというもの、駒場時代は休みのたびに飛行機を使うために旅行をしていた。最もすごいパターンでは、B777に乗りたいがために東京-熊本を日帰りで往復するなどということもした。ANAが「1日乗り放題10,000円」というすばらしいチケットを売っていたからだった。

本郷に来てからは休みと呼べる休みがなかったこともあってそもそも遠出をしていなかったのだが、今回ISerらと共に四国、特に徳島へ旅行することになり、そこに徳島空港があることを俺は見逃さなかった。先日海外出張に出かける父を成田まで見送りにいったことも重なって、「飛行機欲をもてあまし」てしまったのだ。

そんなわけで、他の4人が徳島からはフェリーでの東京帰還を計画する中、俺だけは「宗教上の理由(飛行機に乗れる機会を見逃してはならない)」を盾に徳島から空路で東京を目指すことにしたのである。

徳島-羽田間にはJALとスカイマークが就航している。このような場合はまず機種で選定するわけであるが、JALはA300-600Rに対してスカイマークはB767-300。どちらもおもしろみがないといえばない。が、特にA300は駒場時代の北海道旅行でうんざりするほど乗ったこともあり、またJAL/JASにも同様にうんざりするほど乗っていたので、たまには767に乗るか、ということでスカイマークを選んだわけである。ちなみに後付の理由であるが料金はスカイマークの方が圧倒的に安い。

そんなわけでここ数週間は飛行機週間となりそうだ。とりあえず「月刊エアライン」でも買ってくるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コンピュータ将棋のアルゴリズム

コンピュータ将棋のアルゴリズム」という本が工学社より発売されたらしい。別に俺とは何の関係もないのだけど、タイトルといい表紙デザインといい「リバーシのアルゴリズム」とのシリーズ化を狙ったようである。そういえば「リバーシのアルゴリズム」というタイトルも工学社側が決めたものだったような。

将棋といえば、「アマ4段を越える―コンピュータ将棋の進歩〈4〉」も読んでみたい一冊だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2005

MLオセロ

偉大なるML演習のTA、S永さんの日記より。今年のML演習最終課題はオセロ大会らしい。去年「来年の最終課題はオセロとかどうっすかね」と言った覚えがあるが本当になるとは…。Prolog演習(LiLFeS演習?)もオセロが復活するようなことをkoji_d氏が話していたし、今年は(も?)オセロyearだろうか。これでCPU実験の課題プログラムにもオセロが加わったらパーフェクトだな。

とりあえず、ここを読んでいる新3年がいたらこのへんとかこのへんを読んでおくと幸せになれるかも、と言ってみるテスト。

ということで、我々も参戦するか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 20, 2005

最適化MLコンパイラsuc

さて、本腰を入れてコンパイラ係としての話を。

そもそもいつからコンパイラを書こうと思ったのかはわからない。去年の今頃は先輩の日記などを読んで「CPU実験は大変そうだなぁ、CPU係はありえないしやっぱシミュレータだろうか」などと考えていた記憶がある。人生先のことはわからないものだ。

「suc」とは「すしぃ」と読み、そのまま「寿司を食うためのコンパイラ」ということである。名前負けしている…。俺も12億instructionsを達成していればぎりぎりで寿司が食えたかもしれない。

Continue reading "最適化MLコンパイラsuc"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CPU実験を終えて

我々の班が優勝できたのはまず「ちゃんと動いた」という事実、それに尽きるだろう。実際、6チームの中でCPUがきちんと動作して正しい画像を生成し、RS-232Cを使ってサーバーとのやりとりができたのはうちのCPUだけだった。

Continue reading "CPU実験を終えて"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 19, 2005

祝・CPU実験優勝

我々のチーム◆SiLFFMBgは2004年度の情報科学実験II・プロセッサ実験において、スーパースカラプロセッサ「FX25636」、最適化コンパイラ「suc」によって見事優勝を飾った。記録は39.206秒であった。

CPU実験を終えて書きたいことは山ほどあるが、昨日から38時間ほど連続で起きているので、続きは起きてから書こうかと思う。とりあえず、ちょ~気持ちいい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2005

初期不良!?

DSC_5099店頭U-no氏のもとでは快調に動いているらしいMac mini、俺のはどうしたものかと久しぶりにモニタを接続して様子をうかがってみることにした。

とりあえずApple Hardware Testというのを実行してみる。起動ディスクが入った状態で、起動時にAltキー(MacだとOption?)を押していると、ブートディスク選択画面になるので、そこからApple Hardware Testを実行。

「全テスト」を選んで待つこと十数分、出ました出ましたメモリエラー。原因はこれなのだろうか?とりあえず証拠画面を撮影した後再起動してみると、初日の重さが嘘のようにジニーエフェクトもエクスポゼもさくさく動く。さすがMac miniといえども我が家のデバイス、「クーリングオフ」や「売却」をちらつかせたら怖じ気づいてマジメに働く気になったか。ってそういう問題じゃないな。

再び再起動してももう一度Hardware Testをかけてみると、今度は問題なく全てのテストを完了。ありゃりゃ?まあ1度出たことは確かだし、早めにAppleにゴルァることにしましょうかね。本格的に環境構築して使うようになってからでは修理に出すのも億劫だし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2005

Mac mini@ビックカメラ柏店

待ちに待ったビックカメラ柏店がついにオープンした。帰りにちょっと寄ってみたのだが、ものすごい人手であった。店内は新宿西口店に比べれば狭い感じで、今日くらいの人手だと大変身動きがとにりくかった。

カメラのコーナーなども見てきたが、必要そうなレンズやアクセサリは揃っている感じであった。価格も郊外だから高いと言うことはなく、新宿などと多分同じ価格。もっとも、店によってポイント還元率が違うのかもしれないが。

とりあえず、たいていのものはわざわざ上野や秋葉や新宿まで出なくても手にはいるようになりそうだ。現在ヨドバシのカードしか持っていないので、ビックのポイントカードも作らねば。

さて、ビックカメラに寄ったのは見物の意味ももちろんあるが、最大の目的は店頭陳列品のMac miniのパフォーマンスを確かめることにあった。あの詐欺的な重さはMac miniの特徴なのか、俺のマシンに固有の現象なのかを確かめるためである。

店頭にあったMac miniは1.25GHz/256MBのモデルと1.42GHz/512MBのモデルが1つずつ。(512MBモデルは一般店頭販売モデルにはないような気がするが…) 結果は、「どちらのパフォーマンスも良好」、であった。

ジニーエフェクトは確かにうにょーっと重いものの、それもあくまでもわざとそうしているのかもしれないし、少なくとも途中で止まるということはなかった。エクスポゼも同様に、一瞬「くっ」と引っかかりを感じることがたまにあるが基本的にはさくさく動いていた。

ということは、やはり俺のマシンに何かが起きたのか。店頭モデルはどちらもMac OS X 10.3.7だった。やはり10.3.8が原因なのか?

しかし、ソフトウェアアップデートも初回起動直後にネット接続したら要求してきたから入れたのであって、それでパフォーマンスが極端に低下するなどということは本当にやめていただきたい。Windowsならばどっかをいじって元に戻す方策を探るかもしれないが、使い始めたばかりのMac OS Xではあまり大したことができなさそうなので、再インストールでもしてみるか…。誰だよ、Macは初心者に優しいとかほざいた奴は。初心者にはやさしいがマニアには厳しいのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

合格発表

3月10日は毎年東大前期の合格発表。今年は弟が文3を受けていたが、無事合格していた。俺も一浪、弟も一浪なのでまあなんというか俺のメンツも保たれ、弟も第一志望に合格という円満解決となった。( おい

Yashiromann氏の妹も文3に合格したとのことで、兄であるYashiromannがかわって胴上げされていた。おめでとうございます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 08, 2005

重い重いMac mini

ついにMac miniが届いた。予定より早く届いてしまって、CPU実験がどっか行ってしまったぞどうしてくれるんだという感じであるが、とりあえず使用感を書いてみよう。写真は撮るのが面倒&早速本体はプリントの山の下に埋もれた(!)ので省略。

こんなに早く来るとは予想していなかったので、受け入れ態勢は全然整っておらず、とりあえずWindowsデスクトップで使っているキーボード(HHK Lite2)・マウス(IntelliMouse optical)&ディスプレイのケーブルを引っこ抜いて接続。

購入したのはPowerPC G4 1.25GHz、512MB RAM、40GB HDDのモデルである。HDDはASCIIにあったとおりSeagate製の5,400rpmのものだった。

とりあえず起動。例の起動音。ああMacだ。初回起動なのでなにやら登録させられたりアカウントを作ったり。ネットワークはとりあえず家庭内のDHCPからもらえばよいと。

基本的な操作に関しては見ての通りだし、キーボードショートカットもWindowsとかなり共通だったりして楽だ。まず、
Remote Desktop Clientを入れる。日本語HHKがそのままだと英語キーボードと認識されて不便なので、ASCIIを参考にしてUSB JIS Keyboard Layoutをインストール。ついでにソフトウェアアップデートでMac OS X 10.3.8を入れる。(最初は10.3.7だった)

次いでFirefox 1.0、テーマとしてlein for Mac OS XSafariっぽいテーマなども入れてみる。まーSafariでもいいんだけどさ、なんとなく環境を問わず同じブラウザ(Firefox)が使えるというのもうれしいので。

さらにはMessenger:macも導入。MSN Messengerもなにげにプラットフォームを問わず利用可能なのだ。

ターミナルからemacsと打つとコマンドライン版emacsはデフォルトで入っているらしく、起動する。それだけでは何なので、Carbon Emacsも導入。最初開発ツールは入ってなかったので、Mac OS Xのインストールディスク(なんとDVD)を漁っていたらディスク内に発見。インストーラがあったのでごそっとインストール。インストール後はgccなどが使えるようになっていた。OCamlはまだよくわからなかったので入れていない。ソースから構築するしかないのかな?

さて、環境構築についてはこのくらいにして、使用感について。それは、当初予想していた範囲をはるかに超えて、ただ「重い」、その一言に尽きるものだった。

Continue reading "重い重いMac mini"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Appleからメール

Appleからメールが届いた。

本日以降、1-2営業日以内にお届けにあがる予定となっております。
いよいよか。

ということで、ディスプレイちょ~だい

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 03, 2005

眠すぎる

日曜に風邪をひいて、月曜に38.3度の熱が出て、それ以降なんかだるくて眠い。風邪薬のせいかも。ここ2日エディタと向かい合っているが、アルゴリズムも全然思い浮かばないしコードも進まない。こんな日は寝るに限るか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2005

ハードディスクのひみつ展

科学技術館で、Seagateが協力しての「ハードディスクのひみつ展」なるものが開かれるらしい。参加者の中から、抽選で30名に2.5インチハードディスクをプレゼントします!!だって。

行こうかな?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »