« 演習3: 石川研 | Main | Win32デバッグAPI »

June 24, 2005

京ぽん購入

以前から騙し騙し使ってきたKX-HV210であるが、ついに今日、何をしても画面が映らなくなった。ボタンの操作は効くしバックライトのON/OFFはOKなので、液晶部分がおかしいということか。何度か画面を開閉したり、電源を入れ直したりしてもだめ。そこで、ようやく京ぽんへの乗り換えを決心したのであった。

いわゆる「京ぽん2」、AH-K3002Vの発表も間近と見られており、これを待つつもりでいたのだが、さすがに携帯が壊れているのはどうよということ、どうせ京ぽんは発売後しばらくは品薄になりそうということで、京ぽんをとりあえず買ってしまうことにした。

ポイントが溜まっていたので購入は柏のビックカメラで。お約束通り、柏駅に着いた途端KX-HV210が息を吹き返すという事象が発生したが、今日の俺はもう意を決していたので、そんな小手先の罠にひっかかりはしない。どうせ家に着いたあたりでまたダメになるに決まってる。

そんなこんなで、京ぽん[ネイビー]を購入。学科には同じ色の京ぽんを使ってる人はいなかった気がするので大丈夫かと。

いわゆる携帯端末はこれが2台目になるが、大分メニューや操作感が違うので戸惑い中。キー操作に対するレスポンスは確かにKX-HV210よりはよいが、きびきびしているとも言えず、ちょっと残念。バッテリ持ちは大分悪いとの評判なので充電には気をつけないとな。

目下最大の問題は、店の中の人がなぜかアドレス帳を移してくれなかったので京ぽんのアドレス帳は空になっているということである。以前自分でH"問屋を使ってアドレス帳のバックアップを取ろうとしたときは途中でエラーで終了してしまったし、どうしたものか。

|

« 演習3: 石川研 | Main | Win32デバッグAPI »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39126/4692932

Listed below are links to weblogs that reference 京ぽん購入:

« 演習3: 石川研 | Main | Win32デバッグAPI »