« sudo Winny2.exe | Main | alpha-betaの歴史 »

June 25, 2005

WindowsからCUPSのジョブ管理

朝起きてくると母親が騒いでいる。プリンタに間違って大量のジョブを投入してしまったらしい。いつもならまたやらかしたか…という感じで後始末するのだが、これはどちらかというと俺の設定の問題である。

現在、我が家の印刷環境は、Linuxサーバーにcupsを立てて、そこにプリンタを接続しておき、クライアントのWindowsからはIPP(Internet Printing Protocol)を使って印刷するようになっている。これまで、設定方法がわからなかったがためにクライアントからjob管理が一切できないという状態になっており、例え大量のジョブを間違って入れてしまってキャンセルしようとしても「アクセスが拒否されました」となってしまうようになっていた。ジョブを取り消すにはrootでLinuxにログインしてlprmするしかなかったのである。

それではあまりにもありえないので、クライアントのWindowsマシンからジョブを管理できる方法はないかどうか調べてみたところ、有用なページを発見。

CUPSでLinuxのプリンタ(PIXUS)を共有する
ちょうど、我が家と同じくCUPSに対してIPP経由でWindowsから印刷するという状況について解説しているページである。この通りに設定したら、確かにジョブ管理ができるようになった。すばらしい。

|

« sudo Winny2.exe | Main | alpha-betaの歴史 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39126/4698745

Listed below are links to weblogs that reference WindowsからCUPSのジョブ管理:

« sudo Winny2.exe | Main | alpha-betaの歴史 »