« 謎のアクセス制限 | Main | 暗黒面に堕つ »

July 08, 2005

久々にオセロ

ついむしゃくしゃして、ちょっと実験をしてしまった。

現在、探索アルゴリズムにはPVSを使っているのだが、これってNegaScoutと比べてどうなのよ?と疑問に思って実験。

結果として、何も変わらないということが判明。うーん。そもそもPVSってこれでいいのか?自信なくなってきた。

あと、ふと思いついたことをメモしとこう。
IndexBoardは遅い遅い言うが、悪あがきとして、石を打つ部分を機械展開するとどうなる?mobility tableから左右に何個石を返せるかを引いてくることができるので、あとはその結果に従って「下方向に3個返す関数」とか「右上に5個返す関数」を呼ぶ……本当に速くなるのか?

|

« 謎のアクセス制限 | Main | 暗黒面に堕つ »

Comments

「下方向に3個返す関数」とかだと、端の処理が意外と重そう。何個石を返せるかを引いてくるよりも、返した結果をテーブル引きしてしまったほうが速くない?

Posted by: おーくら | July 08, 2005 12:37 PM

俺の実装だと実際の石の並びのテーブル(8*8)もあるので、それを書き換えないといけない。「何個返せるか」はわかっているので、端の処理はいらないと思う。つまり「下方向に3個返す」だったら(x, y+1)と(x, y+2)と(x, y+3)に目的の色をぶち込む、という3行のコードが書いてあればいいわけ。問題はforループでやってる現在の実装と比較し、インデックスのインクリメント&大小判定のコストよりも小さくできるか、ってところだけど……

Posted by: fujita.h | July 08, 2005 09:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久々にオセロ:

» 夏はオセロの季節 [#include]
地下では3年生によるリアルオセロが流行っているようだ。オセロって人間にも打てるも [Read More]

Tracked on July 16, 2005 09:58 AM

« 謎のアクセス制限 | Main | 暗黒面に堕つ »