« 古い技術書 | Main | 初夢 »

December 31, 2005

2005年を振り返る

どこの日記を見ても同じことをやっていて顰蹙だけど、1年のまとめ。

1月 CPU実験とともに年明け。ひたすらコンパイラの最適化。この月はおもしろいように最適化が進んだ頃だった。プロトタイプアーキテクチャ"Firexhl"から本番アーキテクチャ"FX25636"への以降作業も行った。
2月 CPU実験しながら試験・Mac mini購入。しかしこの後Mac miniは研究室の片隅のインテリアと化すのであった…。
3月 CPU実験で優勝。
4月 ISerで四国旅行買わないだろうとか言っておきながらX40を購入。この軽さに慣れるともうX2xやX3xには戻れない。
5月 演習3でLilyVMをいじる。この辺からC言語onlyのUNIXシステムプログラミングの世界へ…
6月 演習3でLinux kernelをいじる。この辺からC言語onlyのOSカーネルプログラミングの世界へ…。嗚呼、オブジェクト指向プログラミングとC++とOCamlをこよなく愛した若者は何処へ行ってしまったのか。だんだん院試が鬱でたまらなくなる。研究室の第1志望を割とはっきり意識するようになる。PHS端末を京ぽんに変更
7月 暗黒面。結局映画館では2回しか見ることができず残念。演習3と夏学期の課題レポートに追われる日々。選択単位が揃わない気がして焦る。院試とレポートの板挟みにあい、結局院試の勉強は全くせず。
8月 あわてて院試の勉強を始める。試験前は正直50%くらいの確率で堕ちる気がしてしょうがなかったが、奇跡的に合格していた
9月 前半、離散数学不合格事件控訴審の結審(またの名を期末試験)に備えて勉強。おかげで優の判決が出た。が、成績表に去年の不可も並んで残ってるのはなぜ?後半、9月締め切りのレポートで徹夜を繰り返す。この頃出したレポートは専門外のこともあってものすごくひどい出来であった。成績出てないのが1つあるけど大丈夫かねぇ…?
10月 研究室配属、憧れの地上生活のスタート。ロッテの31年ぶり優勝に酔いしれる。
11月 研究室で出展したSuperComputingの国際会議、SC|05に連れて行って貰う。15年ぶり3回目のアメリカはやはり新鮮だった。英語が全然しゃべれない。言葉が出てこない。でも聞き取る力に関しては衰えていない気がした。ゲイツを見ようと頑張るも超混雑。遠目に見た。ところで、かつては「アメリカ産牛肉が輸入再開されても絶対食べるもんか!」と思っていたが、よく考えると現地で肉骨粉まみれのBEEFをたらふく食ってきたので、もはや怖い物はなくなった。もうこうなったら安くてうまけりゃなんでも食べるぜ!
12月 卒論のテーマが右45度ほど変更になって終わらない感が募る。卒論abstractを提出。もう後に引けなくなった。

IS関連の事柄しか書いてないのは仕様です。IS以外で大したことはやってないしね。さて、今年1年を振り返ると、まあまあ真面目にやってきたのではないだろうかという気がする。今年はコンパイラ(特に最適化フェーズ)、VM、OSなどについての理解が深まった。思い返すと、中学生~高校初期の頃はOSに強い興味を持っており、高校後期~教養時代あたりは人工知能・プログラミングパラダイム・セキュリティなんかに興味を持っていた。研究室選択によって、再びOS/ミドルウェア系の方面に集中することがほぼ確定したわけだが、なかなかよい選択であったと今のところ思っている。

さて、目下当面の目標は無事に卒論を書き上げ、卒業単位を無事に集めて来年3月に卒業することである。院試をもう一度、はぜひとも辞退したいところだ。

|

« 古い技術書 | Main | 初夢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2005年を振り返る:

» 2005年 [Daily Ohkura Info]
#includeで2005年の回顧記事が出ているので、とりあえず書いてみる。 1月 CPU実験。1月3日にRS-232C基板のハンダ付けをしていたのを覚えている。 2月 CPU実験。レイトレが動くとか動かないとか。いろいろ考えた...... [Read More]

Tracked on December 31, 2005 09:08 AM

« 古い技術書 | Main | 初夢 »