« August 2006 | Main | October 2006 »

September 30, 2006

卓球@アメリカ

基本的に典型的運動音痴・スポーツ嫌いの俺であるが、好きなものが2つあって、水泳と卓球である。というわけで、アメリカについてすぐに「何かスポーツはするの?」と聞かれたので「スポーツは基本的に苦手だけど水泳と卓球ならできるよ」と言ったら、研究所の人たちの間の卓球クラブを紹介された。それ以来基本的に毎週通っている。

驚いたのが、皆の使用している用具が基本的に全部日本メーカーのものであるということ。皆Nittaku, Yasaka, Butterflyなど、日本の卓球プレイヤーにはおなじみのメーカーのラケット、ラバー、ネットを使用している。ボールはもちろんスリースターである。このようなクラブに参加することなど想像もしていなかったので当然ラケットなどは持ってこなかったのだが、日本に連絡して送ってもらい、今は自分のラケットでプレイしている。

練習(彼らはmeetingと呼んでいる)は基本的に週に2回。その日集まった人たちで適当に台をわけて主に試合形式で楽しんでいる。寮で隣の部屋に引っ越してきた中国人の学生もやはり卓球をするということでこのクラブに参加しているのだが、中国人と聞いて想像するとおり卓球は上手であった。彼によると福原愛は中国でも有名らしい。

それにしても、中学の時に3年間やっていただけでそれ以降は全くと言っていいほど卓球から離れていたのに、大して腕が落ちてないんだから不思議なものだ。もともと大したことないレベルだったという話もあるが…。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 20, 2006

アメリカのネット事情

アメリカに来て以来何か書こうと思っていて何も書かないまま3週間も過ぎてしまった。3週間のうちに一気に季節は夏から冬に移行し、最低気温40度(摂氏4度くらい?)なんていう信じられない数字が平気でテレビに登場するようになってしまった。

こちらでは、平日朝は8時半までに職場に出勤して夕方5時か6時頃には帰宅するという、日本では信じられないような生活をしている。その背景には家(研究所構内にある寮)に常時接続ネット環境がないということがあるだろう。一応、電話線を使ってネットに接続することはできるのだが、電話をかけるためにcalling card(テレホンカードみたいなもの)が必要で、従量課金になるため日本でのようにだらだらとチャットやネットサーフィンをして過ごすと言うことができないのである。まさに研究にはもってこいの環境といえよう[1]。

さて、英語の国アメリカであるが、その英語には大変苦労している。研究所の人たちとの会話においてのリスニングに関しては基本的に大きな問題はないのだが[2]、自分の言いたいことを英語で伝えるという作業が想像以上に難しい。単語が出てこないし、口から出てくる単語の列はおよそsyntaxをなしていない。一方日本で感じるような、英語を話すことに対して緊張するといったようなことは全くなくなった。こっちではとにかく英語を話さなければ自分の意志が伝えられないので当然ではあるのだが。

一方、店等では聞き取りにも苦労している。とにかく早口だし、決まり切った単語をぱらっというだけなので全く意味がわからない場合もある。そう考えると研究所のひとたちは俺の英語力を考慮してゆっくり話してくれているような気もする。なんとなくこれまで英語は簡単だと考えていたところがあったので、想像以上に英語が難しいので正直へこんでいる。

目下どうしようもなく難しいのが否定疑問文(ex. "Don't they ~?")に対する返答。どうしても"No, they do."とか答えてしまって直後に"Yes, Yes!"と訂正することばかりである。しかも思った以上に否定疑問文で何かを聞かれることが多いのが困りもの。つくづく頭の中が日本語に支配されているということを思い知らされる。

気づけば今回の滞在もあと1ヶ月ちょっととなってしまった。出発前は2ヶ月がとんでもなく長い期間に感じられたが、来てみるとあまりにも短いというのが正直な印象である。残りの期間でもちろんある程度以上の成果を残さないといけないし、英語力も高めたいし、気を抜いている暇はなさそうだ。


[1]…寮にはネット環境がないのだが、当然研究所外の家に住んでいる人はADSLやCATVを使っているわけで、「朝は無理ー」という、日本でもおなじみの台詞を(もちろん英語で)聞いた。が、基本的に9時か10時にはだいたいの人が揃っている感じである。これが研究所でなく大学であれば、もっと日本の大学に近い光景が見られるのかもしれない。
[2]…結構誇張あり。勤務時間の扱いについて説明を受けた後、いまいち理解に自信がなかったので、「~~ってことですよね?」とメールを送ったら、「いや、--ってことが言いたかったんだけど」という全然違う返事が返ってきてへこんだりした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »