« September 2006 | Main | November 2006 »

October 30, 2006

時差

アメリカ滞在もなんと今週で終わり。月曜、火曜と出勤して、水曜の飛行機で帰国する予定。振り返ってみると、最初の1ヶ月はあっという間、次の1ヶ月はそれなりに長く、最後の1週間はやはりあっという間という感じの2ヶ月強だった。最後の最後になって、少しは自分の話す英語が流ちょうになってきた自覚が持ててきたが、ちょうどいいところで打ち切りのようである。とりあえず、帰国したらすぐTOEFLとTOEICを受けておこうか。

先週は突然「これまでここで学んだこと、成し遂げたことについて発表してね」と言われて、あわててスライドを作って、もちろん英語でプレゼンをした。まだ海外学会で発表したことはないので初の英語発表だったが、練習一切なしの突貫工事にしてはそれなりに話せた。聴衆はもちろんまわりの人たちだったので、さほど緊張せずにできたのがよかったのかもしれない。いずれにせよよい練習になった。

29日、日曜日はサマータイム(DST: daylight saving time)の終わりであった。日曜日の朝2:00が再び1:00になることで、1時間遅らせるらしい。飛行機から降りて時計の調整が必要なのは普通のこととして納得できるが、寝て起きて時計の調整が必要な状況は日本ではお目にかからない[1]のでなんだか不思議な感じだ。平日でないのがちょっと残念だが、それでもやはり1時間得した気分になる。

手元の腕時計は単なる安物時計なので未だにDSTのままだが、さすがにPCの時計は何もしなくても正しい時刻に調整されていた。来年からは夏時間の終了日がこれまでの10月最終日曜から、11月初の日曜に移動するらしいが、そういう変更はやはりWindows Updateで対応なんだろうか。それにしてもさらに夏時間を延ばしてどうしようというのだろう。


[1]…閏秒のような例外はあるが、あれはたいていの人にとっては時計を調整しなくてもなんとかなってしまう類のものではなかろうか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 01, 2006

卓球@アメリカ

基本的に典型的運動音痴・スポーツ嫌いの俺であるが、好きなものが2つあって、水泳と卓球である。というわけで、アメリカについてすぐに「何かスポーツはするの?」と聞かれたので「スポーツは基本的に苦手だけど水泳と卓球ならできるよ」と言ったら、研究所の人たちの間の卓球クラブを紹介された。それ以来基本的に毎週通っている。

驚いたのが、皆の使用している用具が基本的に全部日本メーカーのものであるということ。皆Nittaku, Yasaka, Butterflyなど、日本の卓球プレイヤーにはおなじみのメーカーのラケット、ラバー、ネットを使用している。ボールはもちろんスリースターである。このようなクラブに参加することなど想像もしていなかったので当然ラケットなどは持ってこなかったのだが、日本に連絡して送ってもらい、今は自分のラケットでプレイしている。

練習(彼らはmeetingと呼んでいる)は基本的に週に2回。その日集まった人たちで適当に台をわけて主に試合形式で楽しんでいる。寮で隣の部屋に引っ越してきた中国人の学生もやはり卓球をするということでこのクラブに参加しているのだが、中国人と聞いて想像するとおり卓球は上手であった。彼によると福原愛は中国でも有名らしい。

それにしても、中学の時に3年間やっていただけでそれ以降は全くと言っていいほど卓球から離れていたのに、大して腕が落ちてないんだから不思議なものだ。もともと大したことないレベルだったという話もあるが…。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »