« WX320T | Main | 今日の夢 »

June 13, 2007

Are you ready for IPv6?

なくなるぞと言われ続けていつまでもなくらないような気がするIPv4アドレスであるが、IPv4アドレスは今度こそ枯渇する?という脅し記事が出ていたので、自分の身の回りがIPv6対応になっているのかどうかこれを機に考えてみることにする。

家庭内の機器に限って言えば、ルータと各クライアントはおそらくどれもIPv6 readyだろう。Linuxは全て(ほぼ)最新カーネルだしWindowsマシンも1台Win2000が残っている他はXPであり、Win2000のマシンももうすぐ引退してXPとなる予定である。IPv6のアドレス表記や微妙な作法の違い(DHCPって要らなくなるの?)あたり、それからiptablesがip6tablesになるあたりを押さえれば移行は問題ないはずだ。各種アプリケーション(ssh, http, bind等のそれぞれサーバとクライアントとか)は多分大丈夫だろう。唯一問題がありそうなのは無線LANのアクセスポイントだろうか。設定用webインターフェースがv6アドレスを喋ってくれるのかなぁ、中身はLinux 2.4なのだが。

研究室で問題があるのは研究室内のルーティングをしているL3スイッチだ。確かIPv6アドレスを理解もしないしIPv6に対してACLをかけてフィルタリングしたりができないはずだ。よいスイッチであるがv6化の折りには引退もしくはL2専用スイッチとなるのだろうか。それにしてはポート数が少ないけど。

IPv4アドレスの枯渇を待ってIPv6に移行するなんてあまりにふつーで面白みがないので、意味もなくIPv6に移行したいところであるが、家庭内LANをIPv6にしてNATの出口はIPv4で出て行くって芸当は可能なのだろうか。NATでアドレスを完全につけかえるのであるから原理的にはできてもよさそうだが・・・

追記) NAT-PTとかTRTとかいうのがそれか?

|

« WX320T | Main | 今日の夢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39126/15413234

Listed below are links to weblogs that reference Are you ready for IPv6?:

« WX320T | Main | 今日の夢 »