« July 2007 | Main | September 2007 »

August 24, 2007

Nikon D300発表

ウワサどおり23日、ニコンからD3およびD300が発表された。D100およびD200のオーナーとして、特にD300に対する感想を述べておこうかと思う。

D200後継機は「サプライズ」であるという情報は発表前から流れていたが、ここまでのものとは思わなかった、というのが正直なところだ。D300を一言で言えば「DXフォーマットを搭載したフラッグシップ機」と言ったところだろう。実際、D3とD300のスペック的な違いといえばもはや撮像素子のサイズくらいしかない。

D200とD300の比較はDC Watchの記事に詳しいが、特にピックアップすると次のような感じである。
- 画素数が1000万から1200万に
- 最低感度がISO100から200に
- 秒間コマ数が5から6(最大8)に
- ライブビュー機能(二種類のAF可能)
- センサーのゴミ取り機能
- ファインダー視野率100%
- 51点AF/15点クロス
- 3インチ背面液晶
- 5g軽量化(ぉ
- 14bitA/D変換ってのはRAWも14bitで出てくるのかな?

画素数は600万でも十分だと思っているので特にコメントしないとして、ISO感度が200からになったのはうれしい。D100ではやはりISO200からで、D200になって最低感度が100に落ちてシャッター速度の遅さにびっくりする場面も結構あったからだ。ライブビューは星を撮ったりするときに便利そうである。

これまでのD100、D200とも、中級機以上と分類されるランクの製品ではあったが、最上位であるD1シリーズやD2シリーズと比較すると明らかに下位の製品であった。例えばファインダー視野率が100%でないといったスペック上の特徴からそれは見て取れる。しかしながらD300は完全にプロ機という他ないスペックとなっている。驚くべきはこの性能が23万という価格で手に入ることである。昨今のデジタル一眼の相場からはこの価格はやはり高いと思われるかもしれないが、D100が20〜25万円、D200も20万円だったことを考えると実にリーズナブルであると言わざるを得ない。

さて、D300は11月発売であるそうだが、これを買うかどうか?とりあえずは様子見であろう。その理由はいくつもあるが
- D200を買って(2006/03購入)まだ1年半である (D100は2003/03購入なので3年使った)
- そもそもまだD200をほとんど使ってない
- 黎明期の製品故(デジタル部に)致命的な不満の多かったD100と比べてD200には今のところ不満がない
- D200への唯一の不満は重量であるが、5gしか改善されていない (これはこのクラスのカメラとしては仕方のないことではあるが)
- 23万はD300というカメラの値段としては反則的に安いが絶対的に見ると高い
といったところである。

このところのニコンのペースを見ると、おそらく来年夏にD80後継機が出て、再来年夏にD300後継という感じであろうから、あと2年様子を見るというのものまあ現実的ではないか。もしもD300を買うならば、残念ながらD200は売却ということになろう。D200とD300はあまりにも近すぎるため、両方を同時に運用することは難しい。

最後にD3について。「まさか本気でフルサイズをやるとは思わなかった」。C社がやっている以上やらないわけにはいかなかったということだろうか。スペック的には1D-MarkIIIといい勝負であるので、あとは画像に期待である。アテネでは惨敗であったが来年の北京五輪の中継ではまた違った様子を見ることができるだろうか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 15, 2007

残暑お見舞い申し上げます

暑い暑い暑い。これを読んでいるみなさんの多くも暑くてまいっているところでしょうに、追い撃ちをかけるようでごめんなさい。とにかく暑くてblogを書く気も起きない。昔は「あ、このネタを書こう」と思ったらその6割くらいは書いていた気がするのだが、今は1%にも満たないんじゃないだろうか。

それはともかく、夏休みの自由研究ネタとしてマシンHDDの温度について。
HDD温度の変化
画像はうちのマシンの今日一日のHDD温度の変化をグラフ化したものである。

今日は午前中11時前くらいに家を出て、16時過ぎに家族が帰宅するまで家は締め切った状態であった。このマシンは南に面した居間に置いてあり、締め切った状態では部屋は相当な温度になる。その状態でもHDD温度はぎりぎり50度には達していないようだ。Googleによると50度を超えない限り寿命にはあまり影響ないそうなので大丈夫だろうか?

16時を過ぎた時点から急激に温度が下がっているのは、家族が帰宅してエアコンを動かしたからである。エアコンは偉大であるということが見て取れる。

それにしてもここまで暑い日が続くと、つけっぱなしマシンがあること自体が大変な罪悪に思えてくる。とりあえずはエコワットを買って電力使用料を把握するところから始めようかと思っているが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »