« ここらでウィルコムへの愛を語っておくか | Main | 柏・我孫子・中央線のバックグラウンド放射線 »

February 27, 2010

VMWare上Ubuntu Karmicのサウンド問題

ここ最近のPC利用スタイルは、Windows7を起動してその上にVMWare Player(3.0)を立ち上げ、その中でUbuntu 9.10 Karmicを動かすというものだが、UbuntuをKarmicにしてからというもの、Ubuntuで音声を再生すると音がプチプチ途切れる感じで、おおよそ音楽や動画を楽しめる状態ではなくなってしまっていた。
同時にWindowsも使えることから音声を利用するアプリケーションはWindowsを使えばいいや、ということで逃げていたのだが、少し調べてみたところこのスレッドを発見。#8にしたがってちょこっと設定したところ、あっさりと問題が解決してしまった。ちなみに音がプチプチいうことを英語では"choppy"という、らしい?

これで直る仕組みやそもそも音が変だった原因がまったく分かってないのが気持ち悪いが、まあ、とりあえず動いてるようだということで。このへんが参考になるのだろうか?

|

« ここらでウィルコムへの愛を語っておくか | Main | 柏・我孫子・中央線のバックグラウンド放射線 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference VMWare上Ubuntu Karmicのサウンド問題:

« ここらでウィルコムへの愛を語っておくか | Main | 柏・我孫子・中央線のバックグラウンド放射線 »