February 21, 2010

ここらでウィルコムへの愛を語っておくか

2月18日、ウィルコムが会社更生法適用を申請した。WILLCOM CORE XGPもなかなかエリアが拡大せず順調でない感じはしていたので、それほど意外な感じはしなかったが、やはり自分がお世話になっているキャリアが経営破綻というニュースに接して心中穏やかでいることはできず、つい愛社(?)精神を発揮して2年縛り契約で機種変更をしてしまった。

ウィルコム(当時DDIポケット)を使い始めたのは2002年の秋であった。当時、既に携帯・PHS業界は大手3社(ドコモ・au・J-PHONE)に事実上収束していたと思うが、その中でDDIポケットを選んだ理由は過去のエントリ参照。ちなみにこのエントリを書いた時点で既に信者の自覚はあったようである。そんなわけで、時々言われる「え、まだPHS使ってるの?」という言葉には非常に違和感を覚える。俺にとって、PHSは考慮の上あえて選ぶものだからだ。

さて、ライフスタイルの変化とともに昔やっていた「PHSへの全メール転送」はしなくなったのだが、それでもなおウィルコムを選ぶ理由は、PCの通信デバイスとして使ったときの通信料金である。ざっと調べたところ、大手3社は音声端末とPCを接続してネットに接続したときの料金が相変わらず高額(13000円/月程度)であるか、もしくは定額サービスがそもそも存在しない[1]。唯一、ドコモの128K通信というのを使えば5700円/月になるようだが、ウィルコムよりはるかに高額であり、この金額を出すならe-mobileにすべきである。

とまあ、もっともらしい理由を書いては見たが、実際のところ「世間から見向きもされない選択肢にゾクゾク」というのが正しい。

そんなわけで、ニュースが流れた翌19日、かねてから考えていた機種変更を実行してしまった。今度の機種はBAUM(WX341K)である。これは、昨年正式サービスが始まった[2]ウィルコムICサービス(おサイフケータイ)に対応した端末である。これまで使っていたWX320Tに特に不満があるわけではなかったのだが、ウィルコムICサービスに興味があったことと、BAUMが値下げして実質負担額無料であったことで決断してしまった。PHSを契約してから初めての非折りたたみ型端末であるので物理的な取り扱いに若干戸惑っている。

近年の例に漏れず、2年間使い続ければトータルの端末料が安くなるという契約(W-VALUE SELECT)であり、これであと2年間はWILLCOMを使い続けることが確定したわけである[3]。

あまりBAUMの主観的感想をだらだらと書いても仕方がないので、端的に気づいたことをまとめておく。

  • Linux(Ubuntu JauntyおよびKarmicで実験)からは普通にUSBモデムとして認識可能であり、/dev/ttyACMxとして見える。ただし、Ubuntu Jaunty on Netwalkerではpppconfigでの通信ができない。具体的には、ATコマンドは認識してダイヤルを開始するものの、通信開始後2秒くらいでpppdが勝手に通信を切断してしまう。WX320Tでは正しく動いていた設定なので謎である。なお、BAUMもKarmic/i386のノートPCからは普通に通信できている。
  • WX320Tと同様、いわゆるオレオレ証明書のサイトとはSSL通信ができない。 WX320Tと同じくACCESSのソフトウェアを使っているらしく、インターフェースやアイコンでそっくりなところが多々ある。
  • 充電方法はウィルコム端末の例に漏れずUSB給電だが、端末側がminiBでなくmicroBになっている。これまでの端末がminiBであったこと、デジカメ等も皆miniBであることを考えると個人的には若干不満ではある。
  • キーパッドのにはライトがあるが、光るのは最も大きな文字・アイコンだけであることに注意。「2」のキーを例にとると、「2」の部分は光るが、その脇に小さく書いてある”か”と”ABC”の文字は暗闇では見えないということである。携帯の文字配列になれた人には問題ないであろうが、俺のように携帯キーのブラインドタッチができない人は、暗闇で文字入力をすることができなくなるので注意。

最後に今後のウィルコムに期待することでも書いて終わりにしようかと思ったが、再建の先行きが不透明すぎて何が期待できるのか想像もつかないというのが正直なところである。かわりに妄想を書いておくと、CORE XGP対応音声端末が2年後くらいに出てるといいなぁ。あるいは、現行PHSの高速化を本気でやってくれるのでもいいよ!

[1] 他社の料金体系については相当疎いので、事実誤認があればぜひコメントないしトラックバックでお知らせいただきたい。

[2] ウィルコム信者の俺にとっては、ウィルコムで使えるようになる前のものはすべて試験サービスである。iPhoneもAndroid携帯も現在絶賛試験サービス中。

[3] ただし、ウィルコムのサービスが続いている限り。もっとも、仮にウィルコムがサービスを停止したとしても喪に服すだけだろうから、ほかのキャリアに移らないことに変わりはないであろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 28, 2007

WX320T(3)

喜び勇んで使い始めたWX320Tであったが、早速初期不良にはまってしまった。以下その写真。
液晶ディスプレイ故障
液晶ディスプレイ故障(拡大)
液晶の中央付近に線が何本か入っている。この線はある日一本現れ、時間の経過とともに一本ずつ増えていくという奇妙な振舞を見せていた。残念ながらもう交換してしまったので、5本になったところまでしか確認できていないのだが。写真の段階では4本であった。

そんなことがありつつも、まあWX320Tはよい機体であると思っている。バッテリ持ちであるが、金曜の夜にフル充電→水曜の昼にバッテリ切れで電源断という感じであった。つまりまるまる4日半もったわけである。この間の使用状況は、常に待ち受け状態、1日のうち1時間程度、ディスプレイを開いたり、Webを見たり、1日10通弱のメールを受信したりといった操作を行ったという感じである。通常の使用には問題がないと言えるだろう。

WILLCOMの音声端末の特徴としてUSB-miniBケーブルで充電が可能という点があり、研究室のようなUSBポートもUSBケーブルも腐るほど落ちている環境で暮らしている限りバッテリ切れで困ることはありえない。WX320Tに至ってはUSB充電以外の充電方法を廃止するという思いきりのよさだ。このようなマニアにうれしい仕様がWILLCOMから離れられない理由の1つと言えよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2007

WX320T(2)

予告どおり、WX320T(ホワイト)に機種変更を行った。前回記事を書いてからWILLCOMの割賦払いサービスであるW-VALUE SELECTが発表されたのだが、どうせ2年間は使うだろうからこのサービスを使うことにした。機種変更だと19,000円くらいするところを実質14,000円弱で購入できる(パケコミネットを続けた場合)計算になる。そんなわけで今日の支払い額は0円。

さっそく使ってみての感想だが、とにかく動作が軽い。長いメールをスクロールしたときなど、スクロールのキー操作が速すぎて画面の描画が間に合っていない感じである。京ぽんはキー入力の受信部分に問題があり、連続した高速なキー操作を取りこぼすことが多かったのでこの違いは大きい。京ぽんの重さに関しては、購入直後から動作感に関して文句を書いていたのを発見。京ぽんはやはり絶対的に遅かったようである。

ブラウザ(Netfront)でのWeb閲覧も非常にレスポンスがよい。普通にCLUB AIR EDGEにつないだ時にどのモードで通信しているのかわからないのだが、ダイヤルアップ電話番号の末尾が##64であることから2xもしくは4xで通信していることがうかがわれ、1xパケットまでの対応だった京ぽんよりも速いのは間違いなさそうである(W-OAMもつくし)。

機能面では、QRコードリーダと赤外線通信機能に対応したのがうれしい。やはりなるべくなら携帯のキー操作はしないで済ませたいのである。研究室の周囲の人々のDoCoMo携帯およびau携帯との間でデータ交換を試してみたが問題なくアドレス情報の交換が行えた。それに加えて、日時の自動調整機能がついているのが高評価である。これも他社携帯ではすでに自明の機能となって久しいが京ぽんにはなかった。

ハードウェアの使用感もよい。サイズや重量は京ぽんとほぼ同等で、アンテナの突起がなくなった分ポケットに入れたときに一回りスリムに感じる。キーの操作感はA5509Tに準じる感じである。俺は気に入っているがThinkPadのような深いキーストロークが欲しい人には物足りないかもしれない。

以上、ざっと半日使用しての感想を書いてみたが、今のところ京ぽんに劣るところはないというのが感想である。今後はバッテリの持ち、アンテナ感度等の性能について長期的に観察を続けていく必要があると考えられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2007

Are you ready for IPv6?

なくなるぞと言われ続けていつまでもなくらないような気がするIPv4アドレスであるが、IPv4アドレスは今度こそ枯渇する?という脅し記事が出ていたので、自分の身の回りがIPv6対応になっているのかどうかこれを機に考えてみることにする。

家庭内の機器に限って言えば、ルータと各クライアントはおそらくどれもIPv6 readyだろう。Linuxは全て(ほぼ)最新カーネルだしWindowsマシンも1台Win2000が残っている他はXPであり、Win2000のマシンももうすぐ引退してXPとなる予定である。IPv6のアドレス表記や微妙な作法の違い(DHCPって要らなくなるの?)あたり、それからiptablesがip6tablesになるあたりを押さえれば移行は問題ないはずだ。各種アプリケーション(ssh, http, bind等のそれぞれサーバとクライアントとか)は多分大丈夫だろう。唯一問題がありそうなのは無線LANのアクセスポイントだろうか。設定用webインターフェースがv6アドレスを喋ってくれるのかなぁ、中身はLinux 2.4なのだが。

研究室で問題があるのは研究室内のルーティングをしているL3スイッチだ。確かIPv6アドレスを理解もしないしIPv6に対してACLをかけてフィルタリングしたりができないはずだ。よいスイッチであるがv6化の折りには引退もしくはL2専用スイッチとなるのだろうか。それにしてはポート数が少ないけど。

IPv4アドレスの枯渇を待ってIPv6に移行するなんてあまりにふつーで面白みがないので、意味もなくIPv6に移行したいところであるが、家庭内LANをIPv6にしてNATの出口はIPv4で出て行くって芸当は可能なのだろうか。NATでアドレスを完全につけかえるのであるから原理的にはできてもよさそうだが・・・

追記) NAT-PTとかTRTとかいうのがそれか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2007

WX320T

WILLCOMから、東芝製音声端末「WX320T」が発表された。(ケータイWatchの記事)

東芝製端末の存在は4月の時点で既に表明されていたので驚くことではなかったが、その端末のスペックは期待通りのものとなっている。

個人的に、現在使っている京ぽんと比べてうれしいのは
- 電話番号・メールアドレス交換のための赤外線通信対応 (WILLCOM端末で初らしい)
- QRコード対応
といったあたりである。また、京ぽんの3年後の製品と言うことでハードウェア性能が向上し、動作が軽くなっていることが期待できる(本当か?)。あまりにも「無難」で「ケータイっぽい」機能追加に落胆する声も聞かれるものの、やはり日々使用する上で便利な機能はどんどん取り込んでいってほしいというのが俺のスタンスである。もちろん他社が思いつかないorやりたくてもできなかったような斬新なサービスをどかんと出してくるのがWILLCOMの魅力なのは間違いないわけで、他キャリアの後追いにしか見えない今回の端末は最もWILLCOMらしくないというのには同意できるのであるが。あとはモバイルSuicaでもつけばなぁ(ぉ)

何はともあれ、音声端末の選択肢が事実上1機種しかない状態が何年も続いた数年前の状況と比べると、いろいろな端末の中からあれこれ悩む余地がでてきたというのは大変喜ばしいことだ。

東芝端末に期待していたのには理由があって、母や友人が使っているau用のA5509Tが大変使いやすそうな端末で、かつ動作が非常に軽快である点が印象に残っていたからである。今回発表された写真を見ると、外観の雰囲気はA5509Tに似ていなくもないものの、中身のソフトウェアは完全にACCESSのOEMであって日本無線製WX310Jや三洋製の端末WX310SAと全く同じという話もあり、A5509Tの印象をもってWX320Tの品質を評価することはできないようである。もっとも、WX310SAにしても悪い話は聞かないので、まあ問題ないのかもしれない。

とりあえず7月と言われる発売を待って、店頭での動作(および人柱報告)を勘案して購入するかどうか検討することにしたい。ちょうどそのころになるとポイントがたまって機種変更手数料のキャッシュバックが受けられるようになっているはずだし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2005

初64ビット

研究室で使うマシンがないなぁという話をしていたら、先輩が「買って後悔した」[*1]AMD Turion64マシンを譲ってくれることになった。初の64bitマシンである。研究室的に「Windows買ってくれ」とか言ったら追放されそうな気がするので、黙ってLinuxを入れることにした。まあ正直Linuxだけでも全く困らない。Fedra Core 3/Fedora Core 4/Redhat Enterprise Linux 4(通称MTB Linux)のどれにするか迷ったあげく、Fedora Core4 x86_64という人柱コースに突撃。せっかくの64bitマシンだしね。

インストール自体は何の問題もなく終了。その後の怒濤のアップデートも終了。Fedoraは研究室内に丸ごとミラーされていて、ネットワークブートもできるしアップデートもGbit Etherで取ってくるので超高速。

とりあえず作業用のマシンを作った後は、実験用のマシンへのネットワーク敷設。昨日サーバールームの模様替えがあって、スイッチの設定やケーブル接続からやり直さないといけない。VLANと、スイッチの設定について教わる。サーバーやネットワークの設定をささっとやってしまう先輩方を見てると、voluntaryやっときゃよかったなーと思ったり。自分のマシンの設定や家庭内LANの管理くらいなら苦労せずにできるけど、それ以上になると未知の領域だしなぁ。ちなみにうちの研究室ではネットワークケーブルの自作が必須スキルのようなので、それも教わる。

そんなこんなで、今日はほとんど環境構築で終了。さっさと実装進めないとなぁ。ちらっと考えてみたところ、結構まだまだ複雑な変更を加えないといけない気がしてきたし、このままだらだらやってるとやばい。


[*1]その人の研究目的に合致しないというだけであってマシンとしては実によいマシン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2005

京ぽん購入

以前から騙し騙し使ってきたKX-HV210であるが、ついに今日、何をしても画面が映らなくなった。ボタンの操作は効くしバックライトのON/OFFはOKなので、液晶部分がおかしいということか。何度か画面を開閉したり、電源を入れ直したりしてもだめ。そこで、ようやく京ぽんへの乗り換えを決心したのであった。

いわゆる「京ぽん2」、AH-K3002Vの発表も間近と見られており、これを待つつもりでいたのだが、さすがに携帯が壊れているのはどうよということ、どうせ京ぽんは発売後しばらくは品薄になりそうということで、京ぽんをとりあえず買ってしまうことにした。

ポイントが溜まっていたので購入は柏のビックカメラで。お約束通り、柏駅に着いた途端KX-HV210が息を吹き返すという事象が発生したが、今日の俺はもう意を決していたので、そんな小手先の罠にひっかかりはしない。どうせ家に着いたあたりでまたダメになるに決まってる。

そんなこんなで、京ぽん[ネイビー]を購入。学科には同じ色の京ぽんを使ってる人はいなかった気がするので大丈夫かと。

いわゆる携帯端末はこれが2台目になるが、大分メニューや操作感が違うので戸惑い中。キー操作に対するレスポンスは確かにKX-HV210よりはよいが、きびきびしているとも言えず、ちょっと残念。バッテリ持ちは大分悪いとの評判なので充電には気をつけないとな。

目下最大の問題は、店の中の人がなぜかアドレス帳を移してくれなかったので京ぽんのアドレス帳は空になっているということである。以前自分でH"問屋を使ってアドレス帳のバックアップを取ろうとしたときは途中でエラーで終了してしまったし、どうしたものか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2005

さらばspam

ウワサ通り、4年になって学年全体の同報メールのアドレスが変更になった途端、1日20通は確実に来ていた英文spamがぱたりと来なくなった。新3年生の方はこれから頑張ってください。

今後はむしろ自分のメールアドレスに直接来る日本語アダルトspamへの対策が問題になりそう。だが、日本語spamは避けて学習させてきたにもかかわらず最近@niftyの迷惑メールフォルダが結構な数の日本語spamを拾ってくれるようになった。ヘッダあたりの雰囲気でspamと判定できるのか、あるいは@niftyが日本語の解析にも対応したのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2005

京ぽんは結局

試験中は本当に現行機種KX-HV210の液晶がだめっぽくなっていて、今にも買い換えるぞ!と決めていた京ぽんであったが、なんか買い換えを決意した朝になって急に何事もなかったかのようにKX-HV210が正常動作しはじめたので、どうしようかという感じ。

我が家の機械類はだいたいこうで、調子が悪いから買い換えようと思うと、捨てられることを恐れてか急に真面目に働くようになるのである。それで10年以上生きながらえている製品がうちにはいくつもある。

Mac miniも買ってしまったことであるし、京ぽん購入はもう少し様子を見るか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 16, 2005

A&B

AirH"もといAIR EDGEにはA&B割という制度がある。ブロードバンド回線を契約している人はAIR EDGEのつなぎ放題コース等が安く利用できるというものだ。

この割引にはどういう意味があるのかと思ったのだが、
・使い放題だからといってAIR EDGEでみんながnyとかやり始めたらインフラがすぐ破綻する
・自宅に別途ブロードバンド回線引いてる奴はわざわざEDGEで大量の通信をすることはないだろう
・ということでデフォルトの料金設定は高めにしておき、ブロードバンド回線を別途持っている人については割引する
ということなのかな?

これまでA&B割はADSLやFTTHの利用者のみが対象なのだろうと勝手に思っていたのだが、どうやらCATVでもよいようであるということに気づいた。

ということはだ。京ぽんを買ってつなぎ放題コースを選択したとしても長期契約割引+A&B割で、月々3,654円で済む。これでメールはもちろんOperaでどれだけブラウズしようと料金は一定である。音声通話の無料分はないが、どうせ使った月でも300円分程度しか通話してないので関係ないという話。今度の9月になると契約から3年になるのでさらに長期割引分が増えて月々3,480円で使い放題!ちなみに現在はスーパーパックS+オプションメール放題で月3,000円ちょっと払っている。

試験が終わったらさっそく京ぽんを買おう。これまでに貯めたポイントで、機種変にあたって2000円分をWILLCOMが補助してくれるらしい。

次期モバイル通信環境選定にあたって一応公正な入札を演出するためにauのカタログをもらってみたが、全然目を通していない。やはりEDGEは魅力的すぎるゾ。このアレゲな会社にまだまだ当分ついていくことに決めた。

追記:AH-K3001VはAPOPにも対応してるらしい。すげー!!これで@niftyのメール受信もばっちり。以前IMAPも使えるとか書いたがそれは俺の脳内機能だったようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)